Ranjo IN(頼成インコース)

高低差わずか10メートル、フラットで優雅なコース。
ティグラウンドから立山連峰や白山連峰を望み、眼下には砺波平野の散居村が広がる雄大な景色が楽しめる。
攻略ポイントには、自然池や樹木が配置され、プレーヤーに飽きのこないコース設定となっている。

B.T/全長6,814ヤード パー72
(OUT3,478ヤード・IN3,336ヤード)
R.T/全長6,404ヤード  パー72
(OUT3,233ヤード・IN3,171ヤード)
F.T/全長6,048ヤード  パー72
(OUT3,010ヤード・IN3,038ヤード)
G.T/全長5,771ヤード  パー72
(OUT2,858ヤード・IN2,913ヤード)
L.T/全長5,405ヤード  パー72
(OUT2,714ヤード・IN2,691ヤード)
P.T/全長4,546ヤード  パー72
(OUT2,285ヤード・IN2,261ヤード)
Ranjo(頼成コース)

10hole

  • PAR4
  • HCP16

打ち下ろしで砺波平野が眺望できるミドルホール。

フェアウェイ中央より左側を狙う。右クロスバンカーの右側6mでO.Bに注意。
第2打はグリーンが大きいのでピンの位置によってクラブ選択を。

BT(黒)407
RT(青)390
FT(白)380
GT(金)374
LT(赤)346
PT(桃)277
頼成コース10hole

11hole

  • PAR4
  • HCP10

左クロスバンカーから30度左側にドッグレッグ、距離のある難易度の高いミドルホール。

クロスバンカー右フェアウェイを目標に、第2打はグリーンが砲台で前にガードバンカーがあり、パーオンが難しい。
次打位置を考えて攻めたほうがよい。

BT(黒)416
RT(青)404
FT(白)390
GT(金)356
LT(赤)279
PT(桃)236
頼成コース11hole

12hole

  • PAR5
  • HCP4

200ヤード地点から右に15度ドッグレッグしている緩い打ち上げのロングホール。

右側ラフの松の木とフェアウェイ間が目標。第2打目は左側に見える松林側よりフェアウェイ中央を狙うとよい。
第3打地点からは打ち下ろしとなり、グリーンが大きくやや左に傾斜している。オーバーに注意。

BT(黒)519
RT(青)502
FT(白)486
GT(金)476
LT(赤)449
PT(桃)407
頼成コース12hole

13hole

  • PAR3
  • HCP4

打ち下ろしの距離の長いショートホール。

グリーン横長で右に傾斜しているので、左側から攻めるとよい。
風はアゲインストが多いので注意。

BT(黒)223
RT(青)197
FT(白)160
GT(金)150
LT(赤)150
PT(桃)150

14hole

  • PAR4
  • HCP8

180ヤード位置からフェアウェイは右に傾斜しており、グリーンは砲台のミドルホール。

第1打は左側ラフに2本の松の木とフェアウェイを目標に狙う。
第2打目位置からグリーン面が見えない。グリーン手前左目から攻めるとよい。

BT(黒)386
RT(青)358
FT(白)350
GT(金)339
LT(赤)330
PT(桃)241
頼成コース14hole

15hole

  • PAR5
  • HCP2

190ヤードから下りになっていて、グリーン手前に池がガードしているロングホール。

フェアウェイ中央が目標。ロングヒッターはやや左目がよい。
第2打位置から大きいクラブで池越えを狙うか、池横の16ヤード巾のフェアウェイを狙うかがポイント。
グリーン左側のバンカーのマウントで面が半分しか見えない場合があるのでピンの位置に注意。

BT(黒)511
RT(青)502
FT(白)492
GT(金)483
LT(赤)441
PT(桃)364
頼成コース15hole

16hole

  • PAR3
  • HCP18

グリーン手前の松の木と右側のバンカーにガードされた景観のよいショートホール。

グリーンは受けていて、中央から奥の傾斜が強いので注意。ピンの位置によって松の枝が障害になるので、右手前から攻めたい。

BT(黒)185
RT(青)169
FT(白)156
GT(金)148
LT(赤)139
PT(桃)139
頼成コース16hole

17hole

  • PAR4
  • HCP12

左右にクロスバンカーがあり、この位置からグリーン迄6mの打ち上げになっているミドルホール。

第2打目はグリーンが2段になっているので、ピンの位置を確かめてクラブ選択。
グリーン前に見えるバンカーは、グリーンより15ヤード手前にある。

BT(黒)338
RT(青)321
FT(白)311
GT(金)305
LT(赤)291
PT(桃)230
頼成コース17hole

18hole

  • PAR4
  • HCP6

170ヤードの池越えで、右に48度ドッグレッグになっている、O.Bゾーンに要注意のミドルホール。

第1打は正面クロスバンカー手前から右目がよい。第2打位置から打ち上げでグリーンは2段になっている。
ピンの位置をよく確かめ、上につけるとパッティングが難しい。

BT(黒)351
RT(青)328
FT(白)313
GT(金)282
LT(赤)266
PT(桃)217